Home » aisarerudobokudokeyadesugananika (kenjanimanabesirizu) by Satoshi Fujii Kazuyo Katsuma
aisarerudobokudokeyadesugananika (kenjanimanabesirizu) Satoshi Fujii Kazuyo Katsuma

aisarerudobokudokeyadesugananika (kenjanimanabesirizu)

Satoshi Fujii Kazuyo Katsuma

Published November 11th 2013
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

日本を支える数々のインフラを語り尽くす!経済社会の支える道路、空港、鉄道などの数々のインフラ。地域の新たな成長や国土強靭化に必要不可欠な社会資本をめぐり公共政策のプロフェッショナルである藤井聡先生と経済評論家の勝間和代さんの白熱の対談を電子書籍化。公共投資の重要性、今後のあるべき姿を考える一冊です。【本書内容】目次第一章「土木」への目覚め・発展途上国での体験と道路の重要性・インフラは生活に必要不可欠な基盤・近いのに遠い、遠いのに近い?インフラと距離感覚・公共投資の差で生じてしまう都市と地域の格差More日本を支える数々のインフラを語り尽くす!経済社会の支える道路、空港、鉄道などの数々のインフラ。地域の新たな成長や国土強靭化に必要不可欠な社会資本をめぐり公共政策のプロフェッショナルである藤井聡先生と経済評論家の勝間和代さんの白熱の対談を電子書籍化。公共投資の重要性、今後のあるべき姿を考える一冊です。【本書内容】目次第一章 「土木」への目覚め ・発展途上国での体験と道路の重要性 ・インフラは生活に必要不可欠な基盤 ・近いのに遠い、遠いのに近い? ~インフラと距離感覚~ ・公共投資の差で生じてしまう都市と地域の格差 ・道路政策の今後 ・世界の歴史から見るインフラの重要性第二章 改めて土木の存在意義を考える ・なぜインフラ不要論が起こるのか ・東京・大阪・名古屋はどうやって発達してきたのか ・インフラネットワークがあることの重要性 ・新幹線鉄道整備計画 ・そもそも土木は何のためにあるのか? ・インフラから「国家とは何か」を考える ・メディアと国民の責任 ・コミュニケーションの力 ・ノブレス・オブリージュの哲学 ・「土木」と人間<